ひざサポートコラーゲンを使う期間

ひざサポートコラーゲンはどのくらい使えばいいのでしょうか?

・ひざサポートコラーゲンを使う期間

ひざサポートコラーゲンは、臨床試験において膝関節の曲げ伸ばしをサポートする効果が実証されています。

これにより機能性表示食品と求められたわけですが、臨床試験は16週間に渡り行われています。

もちろん効果には個人差もありますので、16週間で得られる実感は人により違います。

膝関節の曲げ伸ばしが改善された場合でも、そこで辞めてしまったら意味がありません。

一応臨床試験では16週間続けていますので、効果を実感するためには2ヶ月から3ヶ月は続けてみる必要があります。

そこで一度効果があるかどうかを判断しましょう。

・長く続ける事の大切さ

3ヶ月前後続けてみて、効果を実感できるようならその後も続ける事をおすすめします。

そこでやめてしまうと、せっかく得られた効果が薄れてしまうからです。

膝関節を支える軟骨は、ある程度までは自力で生成できますが、年齢とともに再生力は低下していくので、回復が追いつかなくなります。

長く続ける事で、回復力をサポートする事ができ、膝関節の炎症も起きにくくなる効果が期待できます。

●関連リンク→【健百】高齢者に多い膝痛の対策―いすやベッドなど洋風生活を | あなたの健康百科

・まとめ

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品ですが、あくまでもサポート的な存在です。

続ける事でいい状態を維持できますが、膝痛や炎症は病院で治療を受ける必要があります。

治療を続けながら、ひざサポートコラーゲンを取り入れるのが理想です。