ひざサポートコラーゲンの根拠とは?

ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品としても注目されています。

・ひざサポートコラーゲンの根拠について

ひざサポートコラーゲンは、膝関節の曲げ伸ばしをサポートする効果が実証されている「機能性表示食品」です。

機能性表示食品というのは、商品を製造している業者が、臨床試験を行いその結果をデータ化して、消費者庁長官に申請をして、受理された物の事です。

ひざサポートコラーゲンの臨床試験は、膝に違和感や痛みがあるが病院に行くほどではない、という人を対象にして、2つのグループに分け、1つのグループにひざサポートコラーゲンを摂取してもらい、もう1つのグループにはプラセボを摂取するという内容です。

16週間試験を続けた結果、ひざサポートコラーゲンを摂取したグループには、膝関節の曲げ伸ばしが改善されたという結果が出ています。

プラセボグループには、そのような変化は見られませんでした。

・ひざサポートコラーゲンの効果について

ひざサポートコラーゲンは、膝関節の曲げ伸ばしをサポートする効果が実証されています。

ただし効果の実感は個人差があります。

1袋で1ヶ月持ちますが、臨床試験では16週間摂取し続けているので、1ヶ月では十分な効果を実感できない事もあります。

これも個人差が大きいのですが、サプリメントの効果を実感するには3ヶ月続けるのが理想とされています。

・まとめ

効果については人による違いはありますが、とりあえず3ヶ月間は続けてみましょう。